看護師転職で大きな給料アップも可能!

看護師のお仕事は今までのキャリア、資格、勤務地、業務形態によってもお給料や待遇、休日が大きく違うものです。知らないまま「この給料で働く」ということを考えてしまうと、後で後悔が生まれてしまうことになりかねません。

将来のスキルアップのためにも「今の自分がどの程度収入が得られるのか?」ということを知っておくとよいでしょう。まず、勤務地は給料アップの大きな要因になります。

東京、大阪など人口が集中する地域であれば、それだけ求人も多いですし、大都市ということもあり給与設定も地方よりも高く設定されています。ただし、それだけ家賃など地方よりもかかる出費が高くなってしまう一面があります。

また、勤務先によっても違います。私立病院や、産業関係の看護師の中では福利厚生がしっかりしている、夜勤がない、などの好条件で給与設定も高く決められているところがあります。ただし、給与水準に応じて、応募者も多くなるので採用にはどうしても時間がかかってしまうことが予想されます。

基本給だけでは測れない部分として、ボーナスなどの賞与や退職金などの条件も重要です。次の転職先をキャリアアップの通過点とみるか、長く働くつもりなのか、ということによっても選ぶ条件先が大きく変わってしまいます。

転職に際しては転職サイトに登録してキャリアコンサルタントに自分のキャリアアップの方法について相談してみるのも一つの方法になります。自分がどのようなプランを持っており、何が今の段階で必要なことなのか、ということを一度、真剣に考えてみるとよいでしょう。

看護師には基本給のほか、放射線手当、夜勤手当、病棟手当、住宅手当など様々な手当てがつくこともあり、総額での支給額が勤務先で大きく差が出てしまうことがあります。

これらの給料を「年収」ベースで計算して転職することになるのですが、自分にとって、どの程度の給料アップが可能なのか、一度検討してみるのがオススメです!

ページの先頭へ