看護師が転職して変化したこととは?

人生の中で大きな影響を含む「お仕事」ですが、看護師のお仕事は基本的に「資格」を必要するお仕事なので、「あまり変化がない」職場を選ぶことも可能です。もちろん、キャリアアップのために、劇的に環境を変えたお仕事を選択する人もいるなど、人それぞれによってキャリア形成も大きく変わってしまいます。

まず、転職で大きく変わってしまうことに考えられる一つに「人間関係」があります。新しい職場では1からまったく新しい人たちと同僚になり、お仕事をすることになります。このため、職場環境が大きく変わった、ということで、お仕事の仕方や条件が変わってしまう、ということも珍しくありません。

新しい職場では当然ながら「お仕事での役割分担」も変化することがあります。給与などの待遇だけを元に選んでしまうと予想外の「激務」になってしまうことも考えられます。

特に看護師の場合には夜勤のお仕事があるため、これが予想以上にお仕事での負担になってしまうことがあるので、夜勤の回数や条件などは転職前によく調べておきましょう。

また看護師は転職によって給与が増えるケースが多く、「勤務時間」が短くなるお仕事を選択する傾向にあります。これは看護師のお仕事が夜勤や超過勤務が多く、ストレスになっているために転職をする、ということが多いからです。

小規模な病院を選ぶ、あまりお仕事がハードでない転職先を選ぶ、など転職をするときには自分のライフプランとキャリアアップの両面からお仕事選びをすることが大切になってきます。このあたりは転職支援サイトに登録して転職を考える段階でよく検討しておくことが必要です。

自分の生活スタイルや価値観が「転職先の条件」と合っているかどうか、ということは長くお仕事を続けるために必須のことです。看護師は資格が必要な特殊な仕事だからこそ「自分がどんなお仕事を選びたいのか」ということを転職前にじっくりと考えることが大切ですね!

ページの先頭へ