看護師のお仕事は「お給料」と「労働条件」の折り合い

看護師のお仕事を選ぶときに大きなポイントになるのが「お給料」と「労働条件」です。この二つの折り合いをつけて転職先を比較することになりますが、単純にこの二つだけで比較してしまうと、「キャリアアップ」や「自分のしたいお仕事」を選ぶときに障害になってしまうことがあります。

看護師の人が転職のときに重要視することとしては「自分がやりたい看護のお仕事ができるか」ということを最も要素としてあげているようです。

その次に「労働条件」がお仕事選びのときの条件となってくるため、実際に「自分でどんなお仕事をしたいのか」ということを具体的に決めておくことで、ミスマッチを防ぐことができます。

お給料を転職のときに重視することはもちろん大切ですが、お仕事条件、夜勤の回数、なども総合的に考えて選ばないと、仕事先でとても辛い、長く続かない、という要因になってしまいます。若いうちは特に「キャリア形成」という視点からどんなお仕事が希望なのか、ということを具体的に考えてみることが大切になるでしょう。

また、転職先を決める要素としては、人それぞれの理由があるので一概に「この理由で転職を決定した」ということを決めることができないことも多いようです。自分の仕事の価値観として「何を重視してお仕事で転職をするのか」ということを決めておかないと、なかなか転職ではうまく成功しないようです。

お仕事条件を総合的に考えて「これなら転職で間違いない」と思える条件をきっちりとまとめて、転職することが最終的な成功に結びつくといえます。将来の転職のために「何が準備として必要なことなのか」をよく考えて、じっくりとお仕事探しをするようにしてください。

その時の気分だけを理由に短絡的に転職を決めてしまうと、後で後悔しても失った前の職場や時間、キャリアは取り返しがつきません。転職は「人生の一つの岐路」だからこそ、多くの情報を集めて慎重にお仕事探しをしてください。

ページの先頭へ