看護師のお仕事で「病院を選ぶとき」の項目とは?

看護師のお仕事で「将来のキャリア」や「労働条件」などを考えるとき、大切なことは「どんな病院で働くか」ということになります。この点を間違ってしまうと、当然ながら転職で後悔する、失敗したと思ってしまうことがあります。

もちろん、転職では次の転職先のお仕事条件や内部事情をすべて知ることはできませんが、ある程度の情報は事前に確認することができます。転職支援サイトに登録しておけば、お仕事条件などは具体的にチェックすることができます。

このときに、お仕事の「現場」がどのようになっているか、しっかり確認するということが大切です。どの程度込み合う病院で、どのような業務をするのか、ということをよく理解しておかないと、後で後悔することになってしまいます。

お仕事内容をよく吟味する上でも「次の転職先の病院」の情報は要チェックなのです。 多くの看護師の方が転職のときに参考にする情報としては、患者さんの様子、職員の対応、設備や周辺の環境、実際に勤務するときになった駅や公共機関からの距離があります。

休日のダイヤや深夜残業があったときにどのような方法で帰宅できるか、ということもチェック項目として押さえておくのがよいでしょう。

またスキルアップを考えるのであればドクターがどのような経歴を持っている人で、どのようなことを専門の治療としているか、ということも重要です。

自分がやりたい仕事なのかどうか、ということをよく考えて、「納得できる」お仕事を選ぶようにしておけば、仕事内容の食い違いで失敗することもありませんし、転職を有利に進められます。

職場環境で、有給休暇の消化率や、職場での教育支援や資格取得の実績、ドクターの人柄なども転職後で実際に勤務するとなると大きな要素になります。

もし、不明点があれば、実際に面接のときに確認してみるのも一つの方法です。また、転職支援サイトのコンサルタントに相談すれば、これらの条件も具体的に確認できるので、ぜひ事前に調べておくことです。

ページの先頭へ